このコーナーを立ち上げさせて頂くにあたって(最初にお読みください)

掃除の視点(2008年12月1日号)


師走とはよく言ったもので一年で最も忙しい時期となりましたが、先日、松居一代さんの講演会を聴く機会に恵まれ、お話を伺って参りました。松居さんは掃除 の達人として知られた方ですが、テレビなどで拝見するとおりとてもパワフルな方でした。ご自分の半生を語る中で、経験で培われたご自身の生き方や掃除に対 するお考えは、忙しさに感けて手抜きの掃除をしていた私にとっては耳の痛い話となるかと思っていたのですが、松居さんの掃除に対する考え方を伺い、とても すがすがしい気持ちになりました。松居さんは「掃除をする時には自分の願望がかなうようにお願いをしながら楽しく掃除をすること」とおっしゃっていらっ しゃいました。そうすることによって、ご自身の目標が達成され、現在のご主人(俳優の船越さん)と結ばれたとも。掃除が苦手の私も新たな気持ちで新年を迎 えるべく、年末の大掃除は行っておりましたが、あくまでも家をきれいにするというごく単純なものでした。家に思いをこめて掃除をすることで運気を引き寄せ るという松居さんのお話を伺い、自分の視点がいかに後ろ向きだったのかということに気づかされました。皆様は掃除をされる時にどのような思いで取り組まれ ていらっしゃいますか?ひとつひとつ願いを込めて掃除をされ幸せを呼び込んでみてはいかがでしょうか。今年一年楽しくコラムを書かせて頂けた事に感謝いた します。





ご質問はこちらから